Tec Dossier – Satoshi Toyoda

Any PADI/TecRec certification:

Tec Deep IT

Tec Trimix IT

Tec Gas Blender IT

Tec Sidemount IT

Usual Country of residence:

Japan, but spend most of time in Cebu, Philippines.

USN MK5 at Key Largo

What is your background and current involvement in diving?

ダイビングに関する経歴と現在のダイビングとのかかわりは?

Since I was certified as PADI OWSI at 1986, I’m surviving with scuba diving industry until now. It is including dive shop owner, GM of dive resort, equipment distributor, licensee of dive training agency, and etc.

At the end of 2010, I closed and transferred all of my own and responsible companies, then I’m consulting about technical diving for Kon Tiki Divers, Philippines, Shishihama Diving Service, Japan and PADI Japan now.

1986年にPADI OWSI認定を受けて以来、ダイビング業界で生活しています。過去の仕事には、ダイビングショップ経営、ダイブリゾートでのマネージメント、ダイビング器材の卸業、ダイビング指導団体の日本支部代表等があります。

2010年末に全ての責任あるポジションを辞してからは、テクニカル・ダイビングに関するコンサルタント業務を、セブ/コンティキダイバーズ、沼津/獅子浜ダイビングサービス、PADIジャパンで請け負っています。

How did you get into tec diving?

テクニカルダイビングを始めたきっかけは?

I joined IANTD Japan early 1997 as Vice President. It was great opportunity leaning from Dick Rutkouski, diving with Billy Dean, Tom Mount then my eyes were widely open for my diving life. Also, working with many of other people including Martin Parker, Kevin Gurr and more stimulated my brain.

Since I started CCR dives in 2000 with Inspiration unit, most of my over 100m dives, overhead environment dives had used Inspiration. However, most of my deco dives were using OC sidemount for last 6, 7 years. I love it!

1997年の始め、テクニカルダイビングの指導団体であるIANTDの日本支部が設立された際に副社長兼トレーニングマネージャーとして参加しました。それがきっかけで、フロリダ、特にマイアミからフロリダキースにおいて、テクニカル・ダイビング及びミックスガスの基本をディック・ラトコウスキー、ビリー・ディーン、トム・マウントという、当時世界で最もスキルと経験のある方々から教わることができ、ダイビングの考え方は一変しました。またマーチン・パーカー、ケビン・ガー他多くの先駆者たちからも刺激を受けました。

2000年からCCRダイビングを始め、それ以降、100m以深やケイブ等のオーバーヘッド環境等のダイビングのほとんどでCCR(インスピレーション)を使用してきました。

しかしながら、最近の6、7年の間は、ほぼ全ての減圧ダイビングをオープン・サーキットのサイドマウントで行なっています。

Kon Tiki house reef from 110m dive

Do have any specialised areas of interest?

特に得意/興味のあるエリアは?

I real enjoy any kind of diving into the warm water, but I may try to search around 120 to 150m slope aria at my home ground, Kon Tiki house reef.

暖かい環境であれば全てのダイビングを楽しんでいますが、自分のホームグラウンドの1つであるセブ/コンティキダイバーズ前のハウスリーフにある120〜150m付近のスロープをサーチしてみたいと思っています。

What do think the greatest challenges are in this kind of diving?

テクニカルダイビングでやりがいに感じる事は?

Not only diving skills, but also diver must be fit physically and mentally for this kind of diving. So they can enjoy it.

この種のダイビングを行なう場合、ダイビング・スキルのみならず、メンタル面、肉体面においてもフィットしている必要があります。これらが全てが整い、その整ったレベルに応じて、この種のダイビングが「楽しめる」という点でしょうか。

What are the most important attributes of a tec diver for the type of diving you do?

あなたの得意/興味のあるエリアのダイビングでダイバーに必要な要素とは何でしょうか?

If you face any problem underwater, “Never quit!” then “Think!” until reaching to surface.

もし水中でトラブルに遭遇した際、水面に到達するまでは「絶対にあきらめない」ことと「とにかく考える(解決策を)」こと。

What are the most likely mistakes a tec diver can make in your kind of diving?

あなたの得意/興味のあるエリアのダイビングでダイバーが陥りやすい失敗/間違いとは何ですか?

Some divers makes complicated by themselves. Should remember real KISS philosophy.

いろいろな物事を自分で複雑にしている人を多く見かけます。真のKISSのセオリーを思い出すべきです。

How do you prepare for a demanding technical dive?

より多くのものを要求されるテックダイブをどのように準備していますか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Keep diving, keep mental and physical training.

ダイビングを続けること。メンタル面、肉体面のトレーニングを続けること。

What were your best or worst tec diving experiences?

今までで最高または最悪なテックダイブ経験は?

Best: a lot. I can not choose only one, any wrecks, deep walls, caves were great.

Worst: nothing. Because I came back alive from all of my dives. Any problems that I had before are good experiences.

最高:いっぱいありすぎて1つを選ぶことができません。多くのレック、ケイブ、ディープウォールダイビングはすばらしい経験でした。

最悪:ありません。なぜなら、全てのダイビングから生きて戻ってきているからです。過去に遭遇した全ての問題は現在/将来への良い経験になっています。

What influences your selection of dive gear?

ダイブギアを選択する上で考慮する事は?

Simplicity and tough.

シンプルであることと、丈夫であること。

What kind of person do you want diving in the same team as you?

あなたのダイブチームにはどのようなタイプのダイバーを望みますか?

Honest person.

自分に正直な方。ダメなときはダメと言えるということです。

What advice would you give to someone thinking of getting into tec diving?

テックダイビングをはじめる方にどのようなアドバイスをしますか?

Try it step by step. Then if you feel uncomfortable at any steps, you should think you are lucky person who has other opportunities to try to different challenges.

ステップ・バイ・ステップでトライしてください。そして、どこかの段階で快適ではないと感じたら、「自分はラッキーにも(テクニカル・ダイビング以外の)他のことに挑戦する機会が与えられた」と考えるべきです。

Categories: News, Tec Dossier

2 replies »

  1. I have this great pleasure to dive with Toyo many times at Kontiki. I did all my PADI TecRec courses with him. I’ve learned a great deal from Toyo!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s